メニュー
アーカイブ
蘭世(らんぜ)
時短勤務で働く3歳子育て中のアラフォーワーママ/40平米マンションに3人暮らし/短時間勤務のリアル、育児、読書、ファッションに関してのブログを発信中

出産するまでは仕事中心の生活。育児休暇を経て復職後は家族で過ごす時間を優先するため時短で勤務中。短時間勤務でも成果をあげることをモットーにワーママしてます

3歳子連れ旅行で泊まった箱根リトリート före(フォーレ)1日目

2022年11月に3歳息子を連れてロマンスカーに乗って箱根旅行に行ってきました。


箱根は息子が好きなロマンスカーに乗れるし新宿から1本とラクチンなので、一泊二日旅行だとまず箱根が思い浮かんでしまう^^;

ホテルは箱根リトリート före(フォーレ)に泊まりました。

箱根湯本駅からわりと離れている位置になるので、車で行かれる方が多いのですがバスが出ているので車なしでもいける。


日常から離れて森の中でゆっくり過ごしたいという方におすすめのホテル。

大人向けのホテルのようにみえますが、子連れOKのホテル。実際に私たちが宿泊した日も赤ちゃんを連れ家族もチラホラ。

客層は子連れ5割、夫婦カップル・女子旅5割というところでしょうか。


ご飯がとても美味しい(個人的に朝食はここ数年の中でNO1だった!)、自然を堪能できるホテルでした。

目次

「いざ、神奈川!」利用するために前日までの事前準備

また、「いざ、神奈川!」を実施していたので、利用させていただきました。

事前に宿泊ホテルに利用できるか確認しておくのがよいと思います。

我が家は検体採取日を含めて4日以内のPCR検査または抗原定量検査の陰性証明を持参しました。

平日に行ったので、

宿泊代は5,000円×3名分=15,000円OFF

対象店舗で使用できるクーポン3,000円×3名分=9,000円

が利用できました^^

ロマンスカーGSEで箱根湯本駅。ホテルまではバス

ロマンスカーGSEに乗って新宿から箱根へ。ロマンスカー乗った記事はこちらで詳しく説明しているので割愛します。


箱根湯本駅からはバスに乗ります。バスの料金が片道800円ぐらいでしたね。ホームページにはバスで20分ほどと案内がありましたが実際は30分ぐらいかかりました。

バスから降りてホテルまでは徒歩5分ぐらい。森の中を歩いて行きます。

森の中に数分いるだけでもストレスが軽減されるとメンタリストDaigoさんがよく動画で話しているのをよくみます。

電柱がなくて、お店もなくて、空気がすんでいて気持ちいい。


看板がみえると、スタッフさんが1人に案内役でいらっしゃって、ゴルフカートで建物まで乗せてくれます。

チェックインは客室

チェックインは本日宿泊する部屋の中で行います。

チェックインって時間がかかるので、子連れだとこの方法は有難いかも。

お忍びでくる芸能人にもいいんじゃないかなと思いました(笑)


チェックインしてはじめに、子どもにプレゼントしていただいた袋。

中には子ども用の室内スリッパ、歯ブラシ、ハンドタオルが入ってました。

スリッパがとても嬉しかったみたいで、ずっと履いていた^^ 普段全く履かないスリッパですが子どもでも履きやすいタイプでした。

DELUXE DOUBLE デラックスダブルの室内

ホテルというよりは、海外の別荘のようなイメージの室内。

窓から森が一面にみえる景観がポイント。


箱根リトリート föreは全室テレビがありません

部屋にオーディオがあるのでBluetooth繋いで音楽を楽しむことができます。



館内の案内も、2枚のみ。

よくホテルでみかける、あの分厚い案内本もなし。

夫は案内本を読むのが好きで少し残念がってました^^;

代わりに洋書が置いてありました。おしゃれですよね。



部屋にお風呂はなくシャワーのみ。

温泉はオムツが取れていないと入れないため、外れていない場合はベビーバスを貸してくれるそうです。



寝室が別室になるので、子どもを寝かしつけたあと、大人は部屋でゆっくり過ごせるのは良いとおもいました。



コーヒーのセットもあり


冷蔵庫の中にはビールまで!冷蔵庫の中の飲み物は全部無料です。

そういえば、館内は自動販売機の設置がなかった(と記憶しております)こともあり、

充実しているなあと思いました。

【散策】カフェ&ラウンジ

チェックインが終わり、建物内を散策しにいくことに。

カフェがあると聞いたので、お茶しにまずはカフェへ訪問。

カフェのまわりは池で囲まれているのですが、ホテルのスタッフさんから鯉の餌をいただきました。

鯉の餌やりに息子は大興奮^^ こういうサービスは子どもに嬉しい♪


鯉の餌やりを楽しんだあとは、改めてカフェの中へ。

カフェのドリンクは宿泊客は無料でいただけます。テイクアウトもできるので宿泊中はカフェにとてもお世話になりました。

飲み物の種類はコーヒー系、紅茶、ノンカフェイン、子ども用はジュースがありました。


この景色でいただく飲み物、最高すぎる・・・!

まあ元気な3歳児がいるので、のんびりはできずですが^^;

私のおすすめはカプチーノ。

すごくおいしかった。

パンも販売していて、帰りパンを購入して帰ったのですが、ここのパンとても美味しい!!あとで知ったのですが、箱根リトリート föreカフェのパンは有名みたい。美味しい過ぎてあっという間に食べてしまった。

そうそうパンの購入は、いざ、神奈川!のクーポンを有難いく使用させていただきました★

購入はしてませんが、ケーキもありましたよ^^ 

夕食はWOODSIDE diningでフレンチをいただく

夕食は2部制で早め17:30と19:30が選択できて、17:30にしました。

カフェ内で販売しているパンもそうですが、箱根リトリート föreはお料理がとても美味しかった


ホテルの食事って大抵、子どもの料理が早々にくると思うのですが、

WOODSIDE diningではなかなか息子の料理がこなくて、息子もぐずりだしたときにようやく到着したのですが

到着したお料理をみて、納得。全部手作りでめちゃくちゃ手が込んでいる

お子様ランチ

これは時間かかるよね~と納得のお子様料理。

大人の2番目の料理が出てきたあとぐらいに到着しました。


大人のコース、私当日まで忘れていたんだけど「ペアリング」で予約をしていたみたい^^;

チェックインの時に、ホテルの方に

「ワインお好きなんですか?」と聞かれ

特に好きってわけでもないなあと思っていたら、

「夕食はペアリングでご予約をいただいております」と。


そういえば、ペアリングって書いてあったかも。今までペアリングしたことなかったら一回試してみたいって思って選んだ気がする!と、だんだん記憶が蘇る。

というわけで、初のペアリングも堪能してきました。

私は元々朝ごはんは食べなくて、今回は夜のディナーのためにお昼はおにぎり1個のみにして、

お腹を空かせていったけど、それでもお腹いっぱいで最後のデザートは食べきれませんでした^^;

お昼のおにぎりも要らなかったなあ~

dinner menu

amuse ゼッポリーニフロマージュブラン 生ハムの一口オードブル

ペアリングシャンパン

appetizer 炙り鰤 大根と柚子

パン

どちらのパンも美味しかった。息子も美味しいとパクパク食べてました。

hot dish 美味鶏とレバーペースト 西京味噌のグラチネ

ペアリングワイン

fish dish サワラ カブとアサリの泡

ペアリングワイン

meat dish 蝦夷鹿の薪焼き 小松菜と茸

ペアリングワイン

最後のワインを好みを聞かれて、好みにあったものを提案してくれました。

といっても、ワインは全然詳しくなくて、重めが好きか軽めが好きかだけでは提案は難しいらしい。

ワインって奥深いね。私はフルーティーなワイン、ドイツワインが好きなのでフルーティーなのか好きとお伝えしたところこちらのワインをいただきました。

口当たり飲みやすいワインで美味しかったです。

dessert ほうじ茶香る焼きモンブラン ラムレーズンアイス

ドリンクはコーヒーか紅茶が選べます。

子どものデザート



以上がディナーでした。

いつも子連れ旅行の夕食は和なので、フレンチははじめてでしたが

3歳児と一緒はまだ難しいと感じた。^^; fish dishで既に飽きてました。しまじろうに助けてもらいましたが、ぐずり対策グッズの持参は必須だと思われます。

フレンチだと順番にゆっくりでてくるから、どうしても時間がかかってしまうのよね。

とはいえ、料理はとても美味しかったので味は大満足です。


そしてペアリング、ワインがお好きな方は是非オススメしたいです。

夫は全部飲んでいたけど、私は量が飲めないので、量が飲めない人には向いていないかも^^; 

ただペアリングというものを一度体験してみたかったので、こちらも満足です。

温泉

半露天風呂がとてもよかった。箱根リトリート föreは客室がたくさんあるわけではないので、

私が入った時は夜20時前ぐらいだったけど、他のお客さんが居なくて貸切状態でした。

平日だったのもあるかな。


ただ、一点失敗したのが、息子は他の人がいるお風呂は嫌みたいで、

「おんせんいかない」と入ってくれず^^;


夏に熱海旅行に行ったときは貸切家族風呂と大浴場の両方入ったんですが、

その時に他人も一緒の大浴場は嫌になってしまったみたい。


息子が温泉に入るためには貸切家族風呂のあるホテルじゃないとダメなんだなという事を今回知りました^^;

2日目の話は次回に続きます^^

▼続き読みたいのポチいただけると嬉しいです


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次