メニュー
アーカイブ
蘭世(らんぜ)
40平米マンションに夫+3歳息子との暮らし/都内在住/アラフォー/育児、ワーママ、読書、ファッションに関してのブログを発信中
休日はピクニック好きな息子と東京で遊具と芝生広場のある公園 で過ごす日々

アラフォー子育てのリアル。体力勝負だと改めて気づかされる

卒乳をして1週間。息子が家だと昼寝も夜も上手に眠れなくなってしまった。

母乳がなくて寝方が分からないんだと思う。保育園では大丈夫だけど、私が居るとダメ。


近年、初産の平均年齢があがっている。2011年に30.1歳となって以降は、「30代の初産」が定着しているらしい。私自身、高齢出産だったので出産をするのなら少しでも若い方が良いという話がよく耳に入ってきた。


でもそれって妊娠しやすいとか、妊娠中の事とか、出産に関する事だけかと思っていた。実際は
出産後の子育てに体力をとても使うという事、自身の年齢が少しでも若い=体力があるという意味もあったのだと改めて気づかされた^^;


ちなみに私はどちらかというと体だけは健康な方で風邪もめったにひかなかった。


でも産後は風邪をひきやすくなったし、授乳中は夜中1度は必ず起こされるため妊娠中から遡るとかれこれ4年ほど夜ゆっくり眠れた事がほぼなく慢性的に疲れが取れない。身体の中で一番ダメージがあったのは髪の毛で1年ぐらい前髪が切れて無くなってしまっていた。


冒頭の話に戻るが、これまで休日は息子のお昼寝タイムに一緒に私もお昼寝する事が体力温存につながっていた。ところが息子がお昼寝を上手くできなくなってしまい、私のお昼寝タイムもなくなる・・・^^;


毎週末、公園で思いっきり走り回って遊びほぼ休憩しない息子と過ごしていくうちに、出産は若い方がいいっていうのは産後の事も含まれているのね!と改めて気づかされたのでした(おそい)

最近、新たに身体に影響を及ぼした箇所が増えまして・・・

目次

歯が割れているかもしれない

以前に歯の定期健診で歯ぎしりで歯が削れてきてしまっていると言われていてマウスピースをつくった。そのマウスピースを寝る時にはつけて眠るようにしている。

近年、歯ぎしりの原因は精神的ストレスとの関連が深いとされているそう。

そんなある日、歯がしみる箇所があり先生に診てもらったら虫歯ではなく歯が割れている可能性があるらしいのだ。

虫歯なら歯磨きや食べるものに気をつかったり対策がみえてきそうだけど、マウスピースをつける以外に歯が割れないようにする有効な対策があるかどうが質問してみた。

私、何かストレスを感じる事が起きると無意識に歯を食いしばる癖がある事を気づかされた。

育休明けの復職時は、新しい仕事案件と新しい環境の中で歯を食いしばる回数も増えていたかもしれない。

この歯が割れているかもしれない問題は現在も絶賛治療中です^^;

対処方法:体力をつけていく

しかないと私は思ってます^^;

私に体力がない事が問題にはあるものの、息子と過ごす時間は何にも代えがたいもの。過去を振り替えたところでアラフォーで出産した事実は変わらない。

体力をつけていくには、睡眠・食事・運動が重要。

食事は和食中心にお魚、大豆、野菜、鶏肉を積極的に摂取する事など。

日頃の地道は努力が体力づくりに繋がっていく。と信じたい今日この頃です。





よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次