メニュー
アーカイブ
蘭世(らんぜ)
時短勤務で働く3歳子育て中のアラフォーワーママ/40平米マンションに3人暮らし/短時間勤務のリアル、育児、読書、ファッションに関してのブログを発信中

出産するまでは仕事中心の生活。育児休暇を経て復職後は家族で過ごす時間を優先するため時短で勤務中。短時間勤務でも成果をあげることをモットーにワーママしてます

【時短・フルタイム関わらず】仕事は6割ぐらいの力でまわすのがよい

時短勤務で働いているアラフォーワーママのらんぜです。


私の勤めている会社の同じ部内で、ここ2年の中で5名ほどが仕事による心の病気が原因で休職や退職が相次いでいる。

2年で5名ってブラック企業すぎないか?


そんな会社で働いている私はかれこれあと数年で10年経ちます。

らんぜさんのその環境で働いているなんてメンタルが強いんですね、と思われるかもしれませんが

実際はそんなことないです。


そんな環境で、更に時短勤務で働いている私がどんな風に働いているかについて詳しくお話したいと思います。

目次

仕事は6割ぐらいの力で上手くまわす方法

少し余裕があるかなぐらいの仕事量が適正

なぜならちょっと余裕があるかなぐらいの仕事配分でやらないと、トラブルがあった時にまったく対応できないから。

そりゃそうですよね。通常状態で90%だったら、トラブル対応がもし数件同時に発生したらもオーバーだもん。

でも会社って少し余裕があるかなぐらいのペースで仕事をしていると、

この子まだまだできるじゃんとどんどん仕事を増やしてきます。

うちの会社もその傾向にあり、時短勤務の私でも定期的に仕事を増やそうとしてきます。

適量を超えた仕事をふられた時は断る

少し前にも新しい仕事を振られたのですが、私は新しい仕事をやるのなら今持っている仕事は誰かにふってくださいと言います。

要は仕事量を増やすのではなく、ジョブローテのような感じにもっていきます。


それすると評価が落ちません?と言われそうですが

復職後の1年目は結果も残して、新しく追加でふられた仕事も受けて結構頑張ってたつもりだったのですが

給料査定がフルタイム時期に比べるとあまりあがらなかったんです。あの追加で受けた仕事もあるに評価これ?みたいな。


おそらく会社側としては【時短】という形態が響いているんじゃないのかな(知らんけど)。

でも時短さんだからね~ってやつです。

そこから悟りまして、あれだけやって結果だしても、これだけしか給料あがらないんだ。無理は一切やめようと心に決めました。


もちろん、会社の売上の状況とか、外部の影響もあるので一概には言えないけれども。

報連相をこまめに行う

今の会社ではベテランさんの位置にいる私ですが、今でも普通に分からない事は上司に相談しまくります。

もしかしたら、そんなことも分からないの?って上司には心の中では思われているかもしれませんが(笑)

相談しないで間違ったことした方が後のリカバリー大変だし、でいい事ないから全然そんなことは気にしません。



思えばフルタイム時代の時は、働く時間も長かったからひとりで考えこんですぐ相談ってしなかったかも。それこそこんな事聞いていいのかなとか考えちゃったりして。

現在は時短で時間が限られているので、即相談します。あとで報告しようと忘れちゃうし途中で私は帰るのですぐ報告。

報連相している方が、仕事をやっていることが周りにも見えるので、個人的にはおすすめ。

そんな私も復職後に仕事をやめたい時期があった

復職して半年ぐらいかな。復職後に新しく担当した案件のクライアントがとても癖のある方で、今までであった中で一番癖がある方だった。

半年やったけど、どうしてもあわなくて嫌になっちゃったんですよね。

辛くてやめたいって上司に本気で相談しようかなと思ってたら

そのクライアント、社内でも相当問題児だったようで突然会社をクビになりました(笑)

午前中打ち合わせに参加していてたのに、午後の打ち合わせから急にいないみたいな、本当に突然でした^^;


それからはやめたいって思うことはなくなった。ただ、年齢的に今の会社のままでいいのかなとか考えたりはする。

融通がきくし、有給休暇も取りやすいので、子どもを育てながら働くという面だけでみるといい環境だと思うので結局考えるだけで思っちゃう。キャリアよりも子育て第一にしたいので。

今から小1の壁も気になってたりして悩ましい。

▼読んでくださった方はポチいただけると嬉しいです

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次