メニュー
アーカイブ
蘭世(らんぜ)
都内1LDKの40平米マンションで夫と2歳の息子の3人暮らし。時短勤務でキャリアも目指すワーママ。
ランチ巡りと読書とお茶が好き。
休日は東京の遊具と芝生広場のある公園巡りの日々。

スマホ時間を減らすために実際に試して効果があった事

ここ数ヶ月、意識的に行っている事があって


それはスマホを触り過ぎないという事。


ついつい触ってしまうスマホ。


もうこれをやめたい。


スマホではインターネット以外にも


動画配信サービスのTELASA(テレサ)や、


電子書籍のKindle、楽天koboも利用しているので


スマホを使う時間がどうしても増えてしまう。


読書や映画やドラマを観るのはまだ良いとして


それ以外のスマホ時間を減らしたと強く思ってます。


そのためにしたことは

目次

スマホ脳 /アンデシュ・ハンセン(新潮新書) を読んだ

デジタルデトックスの本を読む事


直近で読んだのがこちらのスマホ脳

スティーブ・ジョブズやビルゲイツが自分の子どもには


スマホの利用を厳しく制限している事など


子育てにも参考になる話も多かった。


有限な人生の時間で、


この小さいスクリーンに何十時間も人生を使うなんてもったいない!


と、改めて気づかされる本。


デジタル・デトックス関連の本は他にもたくさんあるので


まずはこのあたりの本を読んで


気持ちを高めるのって


ど定番かもしれないけど効果は高い。


モチベーションがあがる^^


寝室にスマホを持ち込まない

まずは夜のスマホ時間から変える事にした。

私の場合、夜寝る前に本を読みたいんだけど


電気付けられないから


紙の本は読めないしって事で


スマホでKindleや楽天koboをみてました。


でもスマホは睡眠の質も下げるしよろしくない。


って事で、無印良品のLED懐中電灯を持ち込んで


紙の本を読む。


スマホは寝室に持ち込まない生活に変えました。


スマホ脳でも書いてあったのですが


物理的にスマホが近くに置いてあるだけで触らなくても


スマホに意識をもっていかれて


スマホがあるだけで集中力も下がるそうです。


物理的にスマホから離れるというのは効果大。


寝る前のスマホなし生活は約一ヶ月ほど、続けてますが


良い効果が出ていると感じた事は、

  • 寝つきがよくなった
  • ネガティブな気持ちが減る
  • 浪費が減る


いきなりスマホ時間を減らすのは難しいかもしれないけど


夜だけなど、まずは短い時間から決めて始めると継続しやすいと思います♪

スマホを触ろうとしたら本を読む

スマホってちょっと時間が空いた時に無意識に触ってしまうもの。


目的なくスマホを触ろうとした時は、


代わりに本を読むと決めてしまいます。


習慣を変えてしまえば


自然とスマホを触る習慣もなくなる。


電車の通勤時間、


外食ランチの時のご飯を待っている時間、


このちょこっとした時間も無意識にスマホを触りやすい時間。


TwitterやYouTubeのアプリは削除する

TwitterもYouTubeも毎回ブラウザから検索して使ってます


手間になるけど、


面倒くさい環境にした方が


使う時間も断然減る。



以上が、実践している事です^^


私の場合、子どもといる時は


子どもの写真や動画をスマホでよく撮るので


カメラとしてもスマホは大活躍。


だから決してスマホ=悪 ではないけど


時間をもっと大切に使っていきたいので


これからもスマホ時間を減らす事は継続していきたい。


1月は新しい事にチャレンジしやすい月。


スマホ時間が増えているかもって思う方は是非試してみてください^^















よかったらシェアしてね!
目次
閉じる