大きな改善より小さなストレスをなくしていく/詰め替えやめました

大きな改善をするより、ちょっとした改善をして小さなストレスをなくす方が人間にとっていい影響になるらしい、メンタリストDaigoさんのDラボで知りました。

という事で、早速試してみました。

それは「詰め替えをやめる」という事。

ハンドソープをずっと詰め替えにしていたんですが、本体の容器が段々汚れてくるんですよね。その汚れが小さなストレスでした。毎日掃除すれば済み話ではなるんですが^_^;

で、別に詰め替えしなくてもいいんじゃないかしら?と思ったわけです。

なぜ詰め替えを使っているのか考えてみる。

  • 生活感をなくすために無地の容器を使いたかったから
  • 詰め替えの方が安いから

確かに無地だとおしゃれな感じに見えるんだけど、汚れがある方が嫌だし、本体も毎回新しい方が衛生的にもよさそう。詰め替えが安いと言ってもほんの数円。それに詰め替え作業って手間がかかる(私の場合よくこぼして更に手間になる)

そんなわけで詰め替えをやめて無くなったら本体ごと買い換える事にしたら小さなストレスが減りました。

詰め替えをやめる唯一の難点が息子がこの詰め替え作業が大好きでいつもやりたい!やりたい!って目を輝かせて言ってくるのでその楽しみを一つ奪ってしまうという^_^;

そのためお風呂に置いているボディソープは詰め替えのままでいこうと思います。

自宅で過ごす時間が確実に増えているので小さなストレスを感じたらすぐ改善していけたらいいですね(^ ^)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる