ポケトル120mlが1歳児用の水筒に最適で毎日愛用している件

公園に行くとき子ども用の飲み物は皆さんどうされてますか?

我が家は紙パックの麦茶を持参してたんですが、紙パックだと飲み切らないと荷物になるしちょっと飲みたい時でも新しく開けないといけない事から不便を感じるようになりました。

そこで息子用の水筒を探すことにしました。

当初はキャップがコップになって飲めるタイプの水筒を探していたんですが、わりとサイズが大きめ。一番小さいサイズでも350mlサイズでちょっと大きいかなと感じていました。

大人用の水筒は2つ持っていて、直接飲むタイプの350ml、500mlを持っているので既に持っているサイズと被るのも小さなお家に住んでいてモノを増やしたくない我が家としては悩みどころです。

目次

POKETLE(ポケトル)で120mlの水筒を見つけた

すごい小さい水筒を見つけました。サイズはなんと120ml、わずかコップ1杯分です。

POKETLE(ポケトル)は物が溢れ、使い捨てる事があたりまえになりつつある世の中で「必要な分だけ」をコンセプトにしているブランドで環境や資源にも優しい。

蓋もシンプルな作りになっています。実際に水筒に飲み物を入れて持ち歩いてますが中身が漏れてくることもありません。

410mlのロハコウォーターと比較してもコンパクトなのが分かります。

水筒自体が非常にコンパクトなので直接口をつけて飲む水筒でもこのサイズなら息子も飲めるのではないかと思いました。

1歳10ヵ月の息子でも片手飲みできるサイズの水筒

体型はどちらかというと小柄な息子なのですが、そんな息子でも片手飲みできちゃうサイズ(^_^)

最近必ず保育園の帰りは公園に寄る事になっていて、そこでお茶をするのが好きな息子。お迎えの時は必ず水筒を持参して公園でのティータイムを楽しんでいるようです。週末も雨以外は必ず公園に行くのでそこでもこのポケトルが大活躍しているため結果、毎日のように愛用しています(^ ^)

大人にもメリットがありまして、何よりサイズがコンパクトなので荷物にならないんです。夫はズボンのポケットに入れて持って行ってます。

カラーは何種類かあってデザインも水玉柄とか柄ありのパターンも販売されているので、好みのデザインが見つけやすいのも特徴のひとつだと思います。

大人でも外出中にちょっと飲み物が飲みたくなるなんて時にもおすすめです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる