簡単にカスタマイズできる。ロルバーン(Rollbahn)ダイアリーの使い方

ロルバーンダイアリーを使用し始めて約2ヶ月が経過しました。

↓ロルバーンダイアリー購入記事↓

↓ロルバーンダイアリー使用し始めて1ヶ月↓

2ヶ月経った現在も愛用してますが、使い方に少し変化がありました。

目次

仕事とプライベートを分ける事にした

ロルバーンダイアリーの特徴は何といっても5mm方眼メモのページが多い事。フリーページが多いため仕事とプライベートを分けずに使っていたのですが

わたしは勤務が完了したらプライベート時間は仕事の事を考えたくないタイプ。

それでなくとも現在はリモートワークをしているため、仕事とプライベートの区別を自分でつけないと切り替えが難しい。

そんな中、仕事関連のメモをプライベート中に見てしまうと、仕事の事を考えてしまうので分けた方がいいなと感じました。

リングをLサイズ版に変更

ロルバーンをまとめているリングの部分。

ダイアリーだとLサイズ版ロルバーンとサイズ自体は一緒なのですが、実はリングの部分が違ってダイアリー版はLサイズに比べてリングが太くて大きいのです。

このリングが大きすぎて少し重く、書くときに当たって邪魔な気がしてLサイズ版のリングに交換する事にしました。

ロルバーンはリングノート用リムーバーでリングを外す事ができるので、リングの交換と合わせて5mm方眼メモも少し減らしました。これでコンパクトになって持ち運ぶ時も重さが気にならないです。

2冊に分けた事で、持ち運びの手間は増えたのですが、仕事用は毎日持ち運ぶものではないので特に問題なし。

まとめ:ロルバーンダイアリー

リングを変えたり、5mm方眼メモの枚数を減らしたりカスタマイズできるのがロルバーンの良さだなと思います。

身軽でいたいのならアナログな手帳ではなく、スマホで管理するのがいいのだろうけど

電話しながらスケジュールを確認したい時や、ちょっと急いでメモをしたい時に手帳があると便利だなぁと感じます。

何より飽き性のわたしがダイアリーを2ヶ月も使い続けているのは個人的には大きな出来事でもあります。

ranze

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる