共働き、財布は「一緒」がいいか「別」がいいかそれぞれのメリット

目次

財布、旦那さんと一緒にしてる?

先日、久々に友人とご飯を食べまして、この話題で盛り上がりました。

共働きで夫婦で財布を一緒にするかしないかについて、どっちが正解とかは分からないし、よそはよそ、うちはうちだと思うのですが、我が家は元々は財布別 ⇒ 財布一緒にかえた方がよかったので、もし悩まれている方がいらっしゃいましたら少しでも参考になったらいいなと思ってます。

らんぜ家は結婚当初はずっと財布別でやってました。

毎月決まった額をそれぞれ家のお金として渡して、そこから家賃、光熱費、食費、雑費、貯金を捻出する方法です。

財布別のメリット

・自分で好きにお金を使える(自由)

しかなかった、今振り返ると^_^;

この頃は、まだ洋服も持ちすぎていたし、モノも買いすぎていました。

結婚しても、独身時代と仕事量は変わらず普通に働いてたので、自分で働いたお金は自分で自由に使いたい感が強かった。

財布別のデメリット

・家の貯金が中々溜まらない

・お金を一度たてかえるので、時間がかかる(後精算)

・家のお金だと自分のお金感が感じられない(クレジットカードを使っているのと同じ感覚)

・今どのぐらいお金を使っているか把握しずらい

・・・と、デメリットの方が断然多い。

妊娠したぐらいの頃から、将来に現実味がでてきて、将来子どものためにももっと本格的に貯金をしようという話になって、お財布を一緒にすることにしました。

この頃もまだまだ洋服やバッグ、化粧品をたくさん買っていたので、衣服代は年間〇円までと決めてやってました。(会社に着ていく洋服が必要と言い張っていた私)

息子が生まれてから価値観が大きく変わる

妊娠中から少しずつ変わってきて

まず、お腹が大きいので、できるファッションが限られていくことにより、洋服を買いすぎる事が自然となくなりました。

また、部屋の広さよりも場所や環境の良さを優先した方が良いと感じるようになりました。

実際に妊娠中に物件を探して、場所や環境を優先したマンションに引っ越したのですが、以前よりも部屋の広さが狭くなった。収納スペースが減ったため持ち物を見直すようになった。

・今着ていない、いつか着るかもしれない洋服は要らない

・たくさん洋服を買わない

・たくさんバッグは要らない

・本はデジタルを併用する

そうすると、自然と物欲が減ってきました。

自分でもびっくりです。かつてはファミリーセールの女王なんて呼ばれてました^_^;

先日友人に

「次の誕生日なにかう?」

と聞かれ、答えがでませんでした(笑)

後になってよく考えたら、うーん強いて言えば、今年はコートが欲しいかな。これまで3年ほど着ていたのがくたびれてきたので。それぐらい。

欲しいものが少なくなると、お金をたくさん使いたいっていうのもなくなるので=財布を別にするメリットがない。

夫婦で財布が一緒だと、自分の家のお金がすぐに把握できて楽チンです。

財布が一緒だと無駄買いも減る

例えば、欲しい洋服があるとしますよね。

友人と買い物に行ったとして、悩んだ時にこの洋服どうかな?って聞いた時

「変だよ!全然似合わないよ!!」

なんて返事は中々返ってこないと思います^_^;

でもこれが家族だと普通に返ってきます。

「うーん、俺は嫌いかな」

そういわれても自分が本当に欲しかったら、それでも買うってなるのですが

そこまで欲しいと思ってないものだと、そうか、変かと思い買わなくなったケースが多々あります。

結論⇒夫婦どちらかがお金の管理が得意とかであれば財布一緒の方がメリットが多い

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる