メニュー
アーカイブ
蘭世(らんぜ)
都内1LDKの40平米マンションで夫と2歳の息子の3人暮らし。時短勤務でキャリアも目指すワーママ。
ランチ巡りと読書とお茶が好き。
休日は東京の遊具と芝生広場のある公園巡りの日々。

花のある暮らしで実際にもたらす効果

お部屋に植物があると、明るい気持ちになる。


小さい子どもが居ると観葉植物を飾るのが難しい。


一番心配なのが誤飲。


息子も2歳半をすぎ


食べられるものと食べられないものの区別が


つくようになってきたので


以前から狙っていた花瓶を購入しました♪


「北欧、暮らしの道具店」のオンラインショップで購入。


フラワーアーティストの前田有紀さんがプロデュースしているフラワーベース

冊子もついている



今って花瓶というより、


フラワーベースと呼ぶのが主流のよう。


私はつい花瓶と言ってしまうが^_^;


今まで持っていた花瓶は透明ガラスで


汚れが目立つのが悩みだったんです。


こちらの花瓶は色がブルーグレーという薄い青味がかった色で


汚れが目立ちにくい


オンラインの画像でみた時はもっと青が強いイメージだったけど


実際はそこまで青は強くなく


グレーのような青のようなユニークな色。


写真より実物の方がおしゃれです。


一輪挿し、


ブーケ、


どちらに絵になるサイズの花瓶。


ピッチャー型で持ち手がついているのも扱いやすい。


形自体が素敵なデザインなので、


花を飾らならくても様にまります。


価格が少しお高めだったので


ずっと買うかどうか悩んでいたけど


これだけ悩むって事は欲しい証拠(だといい聞かせ)


身の回りのものはちょっといいものを長く大切に使いたい


それは花瓶ひとつでも言える事なのです^^


実際に花を飾ってみた。




美しい。


癒される。


以前にも花は何度か飾っていたけど


空き瓶にいけてて、


飾る花瓶で全然雰囲気が変わる。




花のある暮らしの始めるのなら


まずはお気に入りの花瓶をみつけよう。


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる